12月の時候の挨拶|師走|LETTER FOR YOU

Photo by Wladislaw Sokolowskij on Unsplash

 

時候の挨拶(12月・師走)

今回のブログでは12月に使える時候の挨拶をご紹介します。

手紙やメールの書き出しにご利用ください。

 

”前略”は「前文を略す」という意味なので、時候の挨拶を書いたときは、頭語を「前略」とはしません。

 

ビジネス・改まった手紙の時候の挨拶

師走 寒冷 初冬 霜夜 極月 厳寒 短日

※後に”~の候”、”~のみぎり”、”~の折”のいずれかを続けます。

 

・師走に入り、慌ただしくなってきました

・荒涼たる冬となり

・寒気いよいよ厳しく

・光陰矢のごとしとは言いますが

 

友人・家族・親しい人への手紙の時候の挨拶

・年の瀬の寒さひとしおでございます

・年末を迎え、なにかとお忙しいことと存じます

・めっきり寒くなりました

・寒い日が続きますが

・今年もいよいよ残りわずかとなってしまいましたが

 

様々なシーンで手紙を書くことについても当サイト内で解説しています。

最新情報をチェックしよう!