3月の時候の挨拶|弥生|LETTER FOR YOU

Photo by Lisa Verena Pape on Unsplash

 

時候の挨拶(3月・弥生)

3月(弥生)に使える時候の挨拶をご紹介します。

手紙やメール書き出しにご利用ください。

 

”前略”は「前文を略す」という意味なので、時候の挨拶を書いたときは、頭語を「前略」とはしません。

 

ビジネス・改まった手紙の時候の挨拶

春風 春色 若草 解氷 早春 浅春

※後に”~の候”、”~のみぎり”、”~の折”のいずれかを続けます。

 

・日ごとに春を感じる暖かな日差しに

・桃の節句も過ぎ、すっかり春の様相です

・桜の花が待ち遠しい毎日です

・三寒四温と申しますが

 

友人・家族・親しい人への手紙の時候の挨拶

・桃の節句も過ぎ

・ようやく春めいてまいりました

・桜の花が待ち遠しい毎日です

・日ごとに暖かさを感じられるようになりましたが

・桜の便りも聞かれるようになりましたが

 

様々なシーンで手紙を書くことについても当サイト内で解説しています。

最新情報をチェックしよう!