6月の時候の挨拶|水無月|LETTER FOR YOU

Photo by Erik Witsoe on Unsplash

 

時候の挨拶(6月・水無月)

6月(水無月)に使える時候の挨拶をご紹介します。

手紙やメール書き出しにご利用ください。

 

”前略”は「前文を略す」という意味なので、時候の挨拶を書いたときは、頭語を「前略」とはしません。

 

ビジネス・改まった手紙の時候の挨拶

梅雨 入梅 深緑 夏秋 向暑

※後に”~の候”、”~のみぎり”、”~の折”のいずれかを続けます。

 

・清々しい初夏を迎え

・時候不順の折から

・初夏の風に肌も汗ばむ頃

・初蝉の声きく頃

 

友人・家族・親しい人への手紙の時候の挨拶

・梅雨の晴れ間が恋しい日が続いております

・吹く風も次第に夏めいてまいりましたが

・あじさいの花が日ごとの長雨に色づいて

・青葉若葉のさわやかな季節

・木々の緑が目にしみる今日この頃

 

様々なシーンで手紙を書くことについても当サイト内で解説しています。

最新情報をチェックしよう!