7月の時候の挨拶|文月|LETTER FOR YOU

Photo by frank mckenna on Unsplash

 

時候の挨拶(7月・文月)

6月(水無月)に使える時候の挨拶をご紹介します。

手紙やメール書き出しにご利用ください。

 

”前略”は「前文を略す」という意味なので、時候の挨拶を書いたときは、頭語を「前略」とはしません。

 

 

ビジネス・改まった手紙の時候の挨拶

盛夏 大暑 梅雨 青空 酷暑

※後に”~の候”、”~のみぎり”、”~の折”のいずれかを続けます。

 

・清々しい初夏を迎え

・蝉時雨日ごとにかまびすしく

・紺碧の空に一片の雲もなく

・炎威凌ぎ難く

 

友人・家族・親しい人への手紙の時候の挨拶

・梅雨も明け、本格的な夏を迎えました

・暑さが日ごとに加わってまいります

・蝉時雨が賑やかに降り注ぐ季節となりました

・うっとうしい梅雨もようやくあけました

・花火の音が聞こえる季節となりました。

 

様々なシーンで手紙を書くことについても当サイト内で解説しています。

最新情報をチェックしよう!